ゴルフ上達法 ~グリップ編(2)

ゴルフ上達法

ゴルフ上達法 ~グリップ編(2)

ゴルフ上達法 ~グリップ編(2)

今回は「グリップ編」(その2)です。

クラブを握るグリップの圧力は、
極力、弱めた方がよいのですが、
その時に注意したいのが、

「フェースの管理」です。

グリップをダラダラにすると、
どうしても握りが「ルーズ」になりがちです。

その結果、
前回もお伝えしましたように、

「ドライバーでシャンク」

みたいなことが起きてしまいます。

インパクトでクラブフェースは
きちんとスクエアに戻さなければいけません。

「ダラダラでもルーズにはしない」。

そのために、ゆるゆるに握っても、
指とグリップの間に空間ができないようにしてください。

空間ができるとクラブが暴れ、
フェース管理が難しくなります。

グリップは、
「両手のひらでヒヨコを包むようにそっと握る。」

「手のひらの中でグリップが暴れないように、
 指とグリップは密着させて握る。」

ぜひ、実践してみてください。


ゴルフグリップの基本(握り方のコツ)


桑田泉のクォーター理論 グリップ


もし、あなたが100切れないと悩んでいるなら、
1日3分、部屋で出来る簡単な素振りをやってみませんか?

ゴルフ初心者でも、
約30年間1度も100が切れなかったベテランでも、
楽々100が切れる真の実力を身に付けられた方法です。



1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ