ラウンドレッスンを受けてきました!(その2)

ゴルフレッスン

ラウンドレッスンを受けてきました!(その2)

ラウンドレッスンを受けてきました!(その2)

パッティングの練習の後は、
ゴルフ場内にある練習場で、スイングを見てもらいました。
(ちなみに、練習場でのボール代は
レッスン料に含まれているらしく、打ち放題です。笑)

コーチには、私の長年の悩みである、
「スイング中の前傾の崩れ」
の対策をアドバイスしてただきました。

まずアドレス時に、
ややカカト体重になっているので、そこを修正。

意識して、つま先側に重心を乗せ、
ズボンのお尻のところを
誰かに上に引っ張ってもらうイメージでアドレス。

次にテークバックで
左足のヒールアップが激しすぎるとのことなので、
左足は内側に絞るイメージで、極力ヒールアップをしない。

私のスイングは、
全体的に下半身がバタついているのが、
安定していない一因のようです。

そして、スイング時にも、
やはり体重がカカト寄りになるので、それを修正。

インパクトからフォローにかけて
左足がめくれてしまう癖をぐっと我慢して、つま先体重をキープ。

またインパクト時には、右足も極力べた足です。

そして、ここが大事なのですが、
スイング中、ずっとつま先体重になるので、
今よりもボールと自分の距離を離してアドレスすること。

そうすれば、インパクト時に窮屈にならず、
伸び上がって前傾が崩れることもありません。

結局のところ、私がスイング中、
前傾が崩れて伸び上がってしまうのは、
ボールとの距離が近すぎていたのも原因のようです。

めちゃめちゃ、タメになるレッスンです。

このあとは、バンカーやグリーン周りのアプローチ。

また、グリーンまで残り200ヤードで、
5球打って、誰が一番たくさんONできるかを競ったりしました。
(私は惜しくも2位!)

そして最後に2ホールほど回って終了。

実践的で、非常に面白いレッスンでした。

これはオススメですね。






もし、あなたが100切れないと悩んでいるなら、
1日3分、部屋で出来る簡単な素振りをやってみませんか?

ゴルフ初心者でも、
約30年間1度も100が切れなかったベテランでも、
楽々100が切れる真の実力を身に付けられた方法です。



1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ